読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しいことがしたいだけ

描いたり書いたり作ったり

名古屋港水族館サマーナイトアクアリウムに行ってきました!

おでかけ 生き物 お題

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

 

御機嫌如何。

 

ご無沙汰しております。

ただいま夏休みを満喫中で、ブログがおろそかになってしまいました。

 

お盆の話なのですが、名古屋港水族館に行ってきました。

夜の水族館、楽しかった!

いや、ほとんど室内なので夏も夜もあんまり関係ないんですけどね。

 

 

ベルーガの餌の食べ方のショー

 

 

普段はガラスの前で立ち止まってくれることはないけれど、

イベントのときはお姉さんがベルーガをガラスの前まで呼んでくれました。

こんなに可愛い写真がとれたのも水族館のお姉さんのおかげ!

水族館万歳!

 

ベルーガは海底に隠れているエサを食べるときには、息を吐きかけて砂ごと獲物を浮かせてから食べるらしい。すごく可愛かった。

 

水槽の上で遊んでもらっていたベルーガ。かわいすぎか。

フリスビーを上手くキャッチできてなかったけれど、嬉しそう。

 

バブルリングもやってたけど、あれは見る方に集中したかったので写真撮ってません。

すごい綺麗でしたよ!

 

ペンギンは寄ってくる!

 

 

下から眺めると、まるで浮島。やばい、丸い。

 

 

 私の目の前までサービスしにきてくれました。しかも2回も。

カメラに興味があるのでしょうか。

 

 

 

シャチはぼけました

 

残念...!

 

 

 

今回の収穫

 

 ベルーガのかわいさを再認識。あの首振りのかわいさは見るべきです。

 シャチもだけど、ベルーガもあんまり他の水族館にはいないんですってね。

 

夏休みで時間がある方は、名古屋港水族館に行ってみては如何でしょうか。

イベントスケジュールを確認してから行くと幸せになれそうです。

 

www.nagoyaaqua.jp

 

 

また暇になったら夏休み中の記事を書きます!

水族館のお土産についてもちょっとだけ書きたいですし!それでは!

名古屋パルコの「もうどく展」に行ってきました

おでかけ

御機嫌如何。

名古屋パルコで開催されている、もうどく展に行ってきました。

 

www.tv-aichi.co.jp

 

 

ウツボさんがお出迎え。超笑ってる。ように見える。

f:id:ng0012:20150808204145p:plain

 

 

 

ハコフグ

 

f:id:ng0012:20150808204206p:plain

 

2匹いて、ずっと追いかけっこしてるのがとても可愛らしかった。

近所のペットショップでもアベニーパファーというフグが延々と追いかけっこをしているところを目撃したことがあるのですが、フグは追いかけっこが好きなのでしょうか。

 

ハコフグの愛らしいところはそのフォルムと口ですよね!!

ラクダハコフグ飼いたいです!!

 

スベスベマンジュウガニ!!

 

f:id:ng0012:20150808204222p:plain

 

この名前つけた人は天才だと思います。スベスベマンジュウガニ

口にするだけで楽しくなりますよ。スベスベマンジュウガニ

 

 

スローロリス

 

f:id:ng0012:20150808204426p:plain

 

寝ていらっしゃいましたが、この動物は全身に毒を塗ってるらしいです。

可愛い顔して侮れませんね。

 

ヒョウモンダコ

 

f:id:ng0012:20150808205027p:plain

 

この子めっちゃ可愛かったです。指の先にちょこんと乗りそうなサイズのタコ。

親指姫か!!

 

 

自分は昔からオニダルマオコゼに奇妙な愛情を感じているので、

今回いなかったのは残念です。サンシャイン水族館のときはいたっぽいのに!

 

あと、写真術を磨きたいなあと思いました。

もっとたくさん写真を撮ったのですがほとんどブレッブレ。

規模は小さいものの、生き物好きなら行ってみてはいかがでしょう。

 

「夏」の入る作品や作家さん

お題

今週のお題「読書の夏」

 

御機嫌如何。

 

ようやく今日から夏休みです。

やるべきことも片付いてきたので、夏を満喫すべく頑張ります。

読書の夏ということで、「夏」の文字の入る作品や作家さんを挙げてみます。

 

 

有名すぎるSF小説

 

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

夏への扉 (ハヤカワ文庫SF)

 

 

自分が初めて読んだSF小説がこれでした。

これがきっかけでたまにSFを読むようになりました。

面白くないという人もいますけどね。自分的にはおすすめです。

 

SFだったら個人的には「星を継ぐもの」が好きです。

 

 

名前に夏の付く作家

 

池澤夏樹さんをご存知でしょうか。

この人の小説を読むと、旅に出たくなります。

 

スティル・ライフ (中公文庫)

スティル・ライフ (中公文庫)

 

スティル・ライフは、断捨離とかはまっている人が読んだら共感できるんじゃないかな。

 

南の島のティオ (文春文庫)

南の島のティオ (文春文庫)

 

 これは夏っぽいかも。南の島に旅行に行きたくなる話。

 

池澤さんの小説はまだ5冊程度しか読んでいないので、

今年の夏は池澤夏樹作品を読み漁るのも面白そう。

 

 

全然関係ないんですけど、「夏に避暑地で読書」って憧れませんか?

海が見渡せるような涼しい場所とかで、冷たいコーヒーを飲みながら本の世界に浸りたいです。

いつか叶うでしょうか。