迷走する日陰のサボテン

なんとか明るい時代に追いつきたいよねえ

サルエルを履こう。足みじか族への第一歩

ごきげんいかが?

 

お久しぶり。最近は服を買う時に失敗しにくくなったそのです。

  

なぜかというと、全てサルエルに合わせるという基準で選んでいるから。

年中足みじか族なので、 もうスキニーがはけないんじゃないだろうか。

 

 

是非サルエルを履いてほしい 

ふつーの会社勤めの方は年中サルエルは難しいかもしれないが、休日だけでもぜひ取り入れてみて欲しい。

サルエルを履くと毎日が楽しくなるのだ。 

f:id:ng0012:20180524070148p:plain

 

形もさまざまで、元々「サルエル」という言葉がどの形のことを指すのかはわからないが、

足が短くなるもの・股下の布に多少なりともゆとりがあるものを、私はまとめて「サルエル」と呼ぶ。

 

いいところ 

  • 可愛い
  • 楽しい

 

悪いところ

  • 形によっては雨の日に履きづらい
  • ポケットが下すぎるものがある

 

圧倒的にいいところのメリットの方が大きいですよね!(?)

 

 

好きな服を着て街を歩くことの重要性

休みの間に発見したことだが、街に出る時には自分の一番好きなファッションで出かけるべきだ。

この前の休みは、「たまには違うテイストの服で」と普通の格好で出かけた結果、一日中違和感があり歩いていてあまり楽しくなかった。

 

逆に好きな服を着て歩くと、たとえコンビニに行くだけでも楽しくなる。

 

テーマを決める

最近私がいつも「楽しいなあ」って、上機嫌でいられるのは多分服のおかげ。

服の方向性が定まってきたというか、テーマが決まってきた。ヤンキーだ。

 

テーマや基準を持つことで、服選びは楽になる。

 

服選びの基準

  • サルエルに合うものを探す
  • 首が詰まっているもの(胸元が広く開いていないもの)を探す
  • 柄物を探す

 

最近はこの基準で定着して着た。ヤンキーというイメージを持ちながら服を探す。

もちろん見た目だけだし、世間一般のヤンキー像からは異なっているかもしれないが、そんなことはどうでもいい。自分のフィーリングが大事だ。

 

別にカジュアルでもストリートでもガーリーでも民族系でもパンクでも全身ユニクロでもなんでもいいけど、好きな服を好きな時に着られるって相当楽しいこと。

そうなろう。

好きな系統がわからない という人には、とりあえずサルエルを買うことをおすすめしておく。

可能性は無限大だ。

 

 

おすすめのサルエル

item.rakuten.co.jp

  

私が履く率が高いサルエルはこちら。

すでに色違いで2つ持っているけれど、もう2つくらい欲しい。

 

 

サルエルはおすすめだけど、それにこだわらずに好きな服を着て生活してね!

 

それでは。