楽しいことがしたいだけ

描いたり書いたり作ったり

自分のツイートを見直してみる

御機嫌如何。

 

 

つい先日フォローしていただいた方がいたのですが、

リフォローする前に「どんな人かな?」ってツイートをちょっと確認するじゃないですか。

 

そしたら、見事にネガティブなつぶやきが多くて、

自分はそのままそっとページを閉じました。

 

そうしたら数日後にはフォロー解除されていましたけど。

 

 

負の感情は伝染する

 

自分のタイムラインに、あんまりネガティブツイートがあるのは好きじゃありません。

 

そういうツイートをされる方が悪いわけではないのです。

彼らにとってネットが感情の捌け口なのでしょう。

誰かに面と向かって愚痴をこぼし続けるよりはよっぽどいいと思います。

 

でも、自分がそれに付き合えるかって言われれば、無理です。

自分としては「ネガティブなことを言っても何も変わらないし、

それを見たり聞いたりした人も決していい気分にはならない」と思っています。

 

わざわざ自分からストレスを受け入れる必要はないと思う。

 

 

自分はどうだろう?

 

ツイートを見直してみました。

なんだかびっくりするくらい毒気のないツイートの数々。

 

 

 

頭のネジが1本しか残っていない人のツイートがこちらになります...

 

昔の自分だったらもっと「だるい」とか「眠い」とか書き込んでたろうに。

 

なるべくネガティブツイートはしたくないですね。

 

 

正論が人を幸せにするとは限らない

 

ツイッターやブログで「〜〜な人は地獄に落ちればいい」みたいに書く人を見かけることがあります。

 

その内容が正しいことを言っている場合であっても、

なるべく「誰かの批判」っていうのは目にしたくないなあと思ってしまいます。

 

ワガママなんでしょうかね。

 

 

もっと長所をほめられるようになりたい

 

 考え方の話です。

 

例えば苦手な人がいたとき

「あいつまじなんなの?うざい」と書き込めばすっきりしますか?

 

しませんよね。自分も周りも。

 

「あの人のことめっちゃ苦手だけど、自分頑張って対応した!!えらい!!すごい!!」

って自画自賛できるくらい厚かましくなりたい。

 

褒められて伸びるタイプの人って、結構多いと思うんですよね〜。

 

 

見直してみてください

 

昔の自分の書いたこと、今の自分が見て不快に思うようなら

改善の余地はあるんじゃないかと思います。

 

実際に人と会話していたら気づけないことです。言葉は消えてしまいますから。

でも文章だったら残る。

 

だからブログやSNSって便利なこともあるんですよね。

便利さと同じくらいに怖いものですが。