楽しいことがしたいだけ

描いたり書いたり作ったり

4,岩手県で物語の世界へ

御機嫌如何。

 

f:id:ng0012:20150403083102p:plain

 

 今回は岩手県を調査します。

何か思い出そうとしましたが、岩手の印象があまりありません。すいません。

 

 

宮沢賢治の世界をめぐる 

f:id:ng0012:20150403223128j:plain

 

 

など、岩手県花巻市付近には宮沢賢治に関する施設がたくさんあります。

特に童話村は気になるスポットです。

宮沢賢治作品の世界を学べる「賢治の学校」など、軽く1時間は楽しめそう。

 

記念館はただいま改装中とのことで、4月の終わりにリニューアルだそうです。

隣接しているお店、「注文の多い料理店」に登場する山猫軒は、通常営業。

 

 

私は、月並みですが「やまなし」「よだかの星」「銀河鉄道の夜」が好き。

 

宮沢賢治ゆかりの地を巡るなら 

一関市にある石と賢治のミュージアムや、

宮沢賢治の弟のお孫さんが経営しているという林風舎などもチェックしておきたいところ。

 

遠野物語の世界をめぐる

もう一つ、忘れてはいけない遠野物語

遠野市には物語を感じられる場所がたくさんあります。

 

柳田國男遠野物語青空文庫で無料で読むことができます。

柳田国男 遠野物語

 

とおの物語の館 - 遠野市

とおの物語の館では、シアターや絵本コーナーの他、昔話を聞いたりできます。

 

カッパ淵と呼ばれる場所もありました。

かつて多くのカッパがここに住み、人々を驚かせたという伝説の残る場所。

聞いているだけでわくわくしますね。

 

 

小岩井農場 

しぼりたて生乳のソフトクリームを食べ、馬に乗り、羊を見る。そんなプランでどうですか?

バスやトラクターに乗ってのんびり散策するツアーがあります。

 

子供連れの方はアーチェリーやバンジートランポリン、

水上ハムスターなど、体験できるものもたくさんあるようです。

水上ハムスターというのは、球体の中に入って水上を転がり回るアトラクションです。

さながらハムスターのように。

 

主なイベントのほとんどは4月17日から11月3日までなので、

冬明けのこれからのシーズンにぴったり。

 

とうほくニュージーランド

異国にいるような綺麗な外観。

それだけでなく、体験コーナーではパン作りやキャンドル作りなどが楽しめます。

うさぎと羊が放し飼いにされているので、餌をあげることができます。

 

f:id:ng0012:20150403223159j:plain

平成24年からはアルパカも仲間入りしたもよう。

 

とうほくニュージーランド村

 

 

 大籠キリシタン殉教公園

こちらは、知る人ぞ知る、キリシタンの眠る地。

自分は無宗教なのでよくわかりませんが、かつてこの場所で300人ものキリシタンが処刑されたとか。

人によっては色々感じ入るところもあるでしょうし、興味のある方は是非覗いてみてください。

 

兵どもが夢の跡

奥州藤原氏が治めていた場所。

そして、源義経が自害した場所であり、

後に松尾芭蕉義経の魂を鎮めるために訪れた場所でもある。

「夏草や 兵どもが 夢の跡」

と詠まれた句は、あまりにも有名です。

 

f:id:ng0012:20150403223217j:plain

寄っておきたいのは中尊寺金色堂が有名ですが、周辺も結構楽しそう。

他にも自然や歴史的なところを巡るのに最適。

 

 

ちょっと気になる牛の博物館

f:id:ng0012:20150403223232j:plain

牛についての博物館。珍しいです。

入場料は大人でも400円と、通常の博物館と比べると安くなっております。

が、割とネットでの評判が良さげなところなので、展示はしっかり楽しめそう。

 

牛の博物館のホームページ

 

 

たべもの

有名なわんこそばには一回挑戦してみたいです。

 

盛岡のソウルフードと名高い福田パン

豊富な種類のジャムなどの具から好きなものを選んで

コッペパンに挟んでもらって食べることができます。

「あんバター」が人気とのこと。

 

おみやげには「かもめの玉子」と「ごま摺り団子」。

 

ごま摺り団子といえば、荒木飛呂彦先生のジョジョリオンに登場した「ごま蜜団子」の元になっているということでジョジョファンの間ではおなじみですね。

 

f:id:ng0012:20150403223251j:plain

 

こま摺り団子を食べるときには、

「ンマイなぁぁあぁぁーーーーッ」

と叫んでみては?

※周りに人がいないところでやることをおすすめします。

 

 まとめ

岩手は、街をふらっと歩いているだけで童話の世界に迷い込んでしまいそうなくらい空想的で、

自然ともたっぷり触れ合え、そして歴史的でもある。

3つも良いところがありました!

 

 

これまでの記事

warabeam.hatenablog.com

warabeam.hatenablog.com

warabeam.hatenablog.com