楽しいことがしたいだけ

描いたり書いたり作ったり

この先の人生を変えるかもしれない本を読んだ

 

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

生きるとは、自分の物語をつくること (新潮文庫)

 

 

丁度カウンセラーに興味を持ちはじめた数日後に読んだ本。

タイトルに惹かれて読んだのでまさか臨床心理士(カウンセラー)と小説家が対談している本だとは思いも寄らず...。

 

 

河合隼雄さんの考え方、目の付け所、患者さん一人一人への対処。

全てに尊敬の念を抱きます。

この本を作成する途中で亡くなられたようで、本当に残念です。

 

この本でカウンセラーとしての体験を語っている河合さん。

自分が何かをしているわけではなく、患者が自分の力で変わってゆくのだと。

そしてその時、なにかとってもうまいことが起こっているのだと。

 

カウンセラーへの興味も強まり、

ついにカウンセリング関係の資格の資料請求までしてしまいました。

まるでこの本が私の生き方についてカウンセリングしてくれたかのような錯覚を覚えます。